FC2ブログ

This Archive : 2008年04月

血液検査の結果=・・・

土曜日に病院病院へ行ってきました
まずは先日の血液検査の結果・・・注射
すべて異常なしうえにこ
記録簿?を見たらHIVの検査もしてたんだねー
何も問題がなかったのはとても嬉しかったのだけど、
これで問題なく「手術を受けられる状態」になったのが・・・ねぇ絵文字名を入力してください

覚悟は決まっているのだけれど、
「いや、もしかしたらしなくていいかも」みたいな期待が0になることはなくて汗

先生にも「ドタキャンだけは辞めてね」といわれてしまいました
ドタキャンとかできないタイプなので、それはないと思うけど
でもそんな風に先生に見えてしまうくらい怖気づいてたのかな


あとでラパロに向けての記事をもう1個書きますにこ
スポンサーサイト



COMMENT : 0

ラパロへ向けて「持ち物リスト」

来週月曜日に入院なので、入院準備をはじめることにしました

病院でもらった紙に書いてあった「持参してくるもの」は以下


・ティッシュ
・スリッパ
・バスタオル(シャワーの時に使う)
・生理用ショーツ
・ナプキン
・洗面用具
・おはし
・湯のみ
・基礎体温表
・体温計
・水(お茶)1リットル
・印鑑



そのほかに手術セットというのを買うようです
1セット540円、どんなセットなんだろ?

そしてパジャマは必要なしとのこと
「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」
ママがたくさん買って送ってくれたのに・・・
無理矢理持っていって着ようとおもいます
だってせっかくの厚意だもん、嬉しかったから使いたい

一応持ち物はこれだけでいいようなのですが、
他にわたしが「これはいるかな?」と準備してみたものがこちら


・本(4冊)
・ウォークマン
・メモ帳
・ストール
・下着
・あったかソックス
・帰りの洋服(ワンピース)
・大きなバスタオル(ベッドにひく用)
・シャンプー、コンディショナー
・洗顔用のヘアバンド
・ヘアゴム、ヘアピン
・基礎化粧品
・ウェットティッシュ
・スプーン、フォーク
・ハンガー
・小さいタオル
・ビニール袋



結構な大荷物になっちゃいました
なので入院1泊に必要なものだけ持っていき、
残りは手術当日にジジに持ってきてもらおうと思います

あとは、いつも大きなぬいぐるみと寝ているので、
ほんとはそれを持っていきたいのだけどジジに反対され・・・
なので小さなわんこをこっそり持っていこうと思います手書き風シリーズ汗1
ほかに何か必要なものあるかなー・・・・
入院したことがないのでよくわかりません


退院したら、
これらの持ち物が必要だったかどうかと、
あったらよかったなと思ったものなどを書こうと思っています


COMMENT : 11

ラパロ期のなかよし

前に日記にも書いたのですが、悩んでいたことjumee☆think2

「ラパロ周期の仲良し」について

こないだ先生に会ったときに聞いてみました
そうしたら、
「きっとcoucouさんは痛くて無理だと思うけど・・・手書き風シリーズ汗1
でも、頑張れるなら頑張ってもいいよにこ
・・・・とのこと

ぜったいダメということじゃなくて、
まあ術後で痛くて無理だろうからお休みしようっていうことだったみたい

んー・・・
絶対にがんばっちゃうぞ!とは言えないけど
がんばれそうだったら仲良し決行したいと思いますjumee☆DaNcE2
COMMENT : 6

ラパロ前日の食事

金曜から超忙しくなってしまい家を離れていたので
ブログの更新も、お返事も、お友だちめぐりもできませんでした・・・
ごめんなさい(m´・ω・`)m

明日からもう入院ということで、
ほんとに信じられないくらいあわただしいです

とりあえず入院前の食事のことだけアップしたいと思います

前記事へコメントいただいていたゆきみっちーさん、kumaさん、
明日時間がとれたらお返事させてください・・・ほんとごめんなさい


てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2てん2


ラパロ手術前日(入院日)は、朝から検査食です
大腸の検査をするときのごはんみたい(クリックすると拡大します)

080413_234756.jpg

ここに1日分の食事が入ってます

080413_235151.jpg

これが内容
悲しいくらい少ない・・・・うあーん
これじゃ検査するまえに倒れちゃう気が手書き風シリーズ汗1

朝「白がゆ、卵あん、お味噌汁」
昼「ゼリーミール」(見た目はウィダーインゼリー)
夕「ポテトスープ」

夜にスープしか飲めないっっ!!!!きついよ・・・jumee☆faceA138
一応、お昼と夜の間に間食が許されていて、
中に入っていたビスコやビスケット、飴を口にできます
でも、そんなのあっても絶対に足りない自信があるjumee☆faceA52

水分はたくさん摂ったほうがいいのだけど、
乳製品、100%ジュースが禁止です
だからミルクを入れないと飲めないコーヒーはダメ、
リンゴジュースもオレンジジュースもダメ
スポドリやお茶ならOKだそうです
お腹にたまらないものばっかりじゃん・・・
でも飲まないよりはマシなので、がんがん水分で空腹をおさえます


あまりに忙しすぎて、
直前の緊張感がまったくありません
明日になったらまた緊張してくるかな・・・
出かける前に時間がとれたらまた記事を更新しにきますね

COMMENT : 5

ラパロ手術より戻りました!

戻ってまいりましたー!( ・∀・)ノタダイマ

14日 入院
15日 ラパロ(腹腔鏡下手術)
19日 退院

ざっくりこんな感じで初の入院生活を終えてきましたjumee☆UltraMan4

これからしばらくはラパロ体験記を書いていこうと思っています
どういう感じで進めていこうかな・・・

●入院日の検査食の感想
●入院~退院までの簡単な流れ
●入院当日(手術前日)
●手術当日
●術後~退院まで
●現在の様子、手術を受けての感想


時系列で書いていけたらいいなあと思っています

ちなみに、
・痛みによわい
・極度の怖がり
こんなcoucouの感想なので、読むと手術を怖く感じるかもしれません(;・∀・)
痛みへの恐怖心がすごかったので、何をするにも泣いてばかりでした・・・・
点滴のとき看護士さんがベッドに来ただけでボロボロ泣いてましたから・・・手書き風シリーズ汗1

なので
実際に受けてみたら「な~んだ、楽勝じゃん!」って思えるとおもうので
私の感想よりも怖い・痛いと思うことは何もない
と思ってもらえるといいかもしれませんすや



COMMENT : 9

ラパロ体験記【1】検査食などについて

ラパロ体験記【第1回】は入院日の検査食の感想です
(写真はクリックすると大きくなります)


まずひと言「超ムリ」手書き風シリーズ汗1
多分、味はそうひどいわけではないんです
でも見た目・・・・とかが・・・・sn

入院の日はまだ健康そのものなので、
まずレトルトパックから出てくるものを食べるのがイヤ
おいしそうに見えません

080413_235151.jpg


でも、術前に大腸のなかをきれいにしておくために必要な食事ですうえ
病院によってはここまでキッチリやらないところもあるようですが
私の通う病院ではこれを皆さん食べるみたいです

大腸の中を綺麗にしておかないと、
全身麻酔で手術をしているとたまにアレが出てしまうそうです・・・(*ノノ)それはいやだ~


さてその検査食の献立

朝「白がゆ、卵あん、お味噌汁」
080414_091334.jpg

病気でもないのにおかゆか~・・・・と思いながら作ったので
普段なら別に食べれるおかゆもまったく手が出ませんでした
お味噌汁も自分で作れば食べれるけれど、粉を溶かすお味噌汁なんて食べれないっ
ということで、
最後のまともな固形食だったのにほとんど残してしまいました
先が思いやられる・・・・
ちなみに味はちょっと濃い目だった気がします


昼「ゼリーミール」(見た目はウィダーインゼリー)
朝ごはんのおかげで食欲が出ないままお昼になりました
今度はゼリーです
ほんとはこれもイヤだったのだけど、
ウイダーインゼリーだと言い聞かせて、味わうことなく一気に飲み干しました
たぶん味はふつうのものと変わらなかったんだと思います


夕「ポテトスープ」
DVC00284_M.jpg

夕方からの入院だったので病院でいただきました
まあ~これが味気ない・・・
プラスチックの器にどうしても気分が乗らず・・・・
飲むのがつらかったです
でもこれが最後の食事なのでがんばって飲み干しました
味はしょっぱい!
薄味のcoucouにはびっくりするほどのしょっぱさでした
そして、おやつになってた栄養補助ドリンク(粉とかすやつ)を2種類
見た目で絶対ムリって感じだったのだけど、
これも頑張って飲みきりました
ちょっと炭酸チックな感じで気持ち悪かったです・・・・


これで検査食は終了です
どれもやっぱり「検査食」と思いながら食べるのでおいしくありませんでした
でも、おなかが空くことはありませんでした
緊張のしすぎでおなかが空くのも忘れちゃうくらいだったのかもしれません

この日は24時まで飲み物がOKで、その後手術終了まで絶飲食だったため
思いっきりたくさんの水分を摂りました
入院の時に1リットルの水分を持ってくるよう書いてあったのですが、
1リットル以上飲みました、2リットルくらい飲んだかな

これだけ飲めば十分だろうと思うくらいいっぱい飲みましたが
実際のところ、次の日の術後はめちゃくちゃつらかったです
のどの渇きがここまでつらいとは思いませんでした
ほんっとにキツイ!!!!!

出ない声で「のどが渇いた」とずっと言っていたとジジがあとから教えてくれました
くちびるを濡らしてあげてと言われて脱脂綿をもらったそうなんだけど、
ジジは唇を濡らすだけじゃなくこっそり口の中に水をしぼってくれたそうです



ラパロ前日の水分は、摂りすぎるということはまずナイです
どれだけ飲んでもきっと足りないと思います
だっていっぱい飲んでもおしっこで出ちゃうし、
下剤や浣腸のせいで水分出ちゃうし・・・・
だからきっと水分十分っていうのはムリなんだと思います
のどの渇きは我慢するしかないですね・・・・・




COMMENT : 2

ラパロ体験記【2】入院~退院までの流れ

過去記事はこちらです
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【1】手術前日の検査薬
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html





ラパロ体験記【第2回】 入院~退院までの簡単な流れについて


私の通う病院は、
手術前日から入院して術後4日目に退院が一般的です
それよりも早い人もいますが、
私はこのスケジュールどおりの入院期間となりました



手術前日(入院1日目)
16時頃に病院へ
看護士さんから説明を受けてベッドへ移動
いろいろおしゃべりできると思って大部屋に行ったら
皆さんカーテンをきっちり閉めていて・・・残念

入院計画書なるものを渡される
・点滴や薬を何本処方されるのか
・どんな処置をするのか
・食事
このようなことが日程ごとに書いてあります
読めば大体の流れが把握できます
でもビビリの私は緊張のあまり、この内容が頭に入りませんでした
ダメダメやん・・・(´Д`)

これに書いてあったとおりに毎日が過ぎていくことになります


jumee☆monday4手術前日(入院1日目)
剃毛(おへその掃除と下の処理)
それを洗い流すために最後のシャワー
その後
20時下剤
22時眠剤(眠れそうなら飲まなくてよい)
22時まで食物可
24時まで飲水可


jumee☆tuesday4手術当日(入院2日目)
絶飲食
6時浣腸
8時浣腸
10時から点滴開始
手術前までずっと点滴(3本くらい)
10時すぎ担当医より手術の説明
13時すぎ手術開始
この日はベッドに戻らず回復室に1泊


jumee☆wednesday4術後1日目(入院3日目)
点滴4本
採血(貧血・炎症反応)
バルン(尿管)除去・・・・・私はこの日断念、翌日になった
創部消毒
朝より飲水可
昼食は流動食(おかゆの上澄み)
夕食は3分粥
ビデオによる説明・・・・・私は見ず、両親と夫のみ


jumee☆thursday4術後2日目(入院4日目)
点滴3本(ここで1度抜針)
創部消毒
洗髪可
尿検査
食事は普通食に戻る


jumee☆friday4術後3日目(入院5日目)
朝・夕点滴を1本ずつ(抗生剤)・・・私は朝だけでOKにしてくれた
検温、採血(貧血・肝機能)
抜糸(担当医の退院前診察)
シャワー可
状態がよければ退院


jumee☆saturday4術後4日目(入院6日目)
点滴ではなく内服薬
退院




入院~退院の流れはこんな感じになっていました
次の更新は内容を詳しく書いてみたいとおもいます

COMMENT : 0

ラパロ体験記【3】手術前日(入院当日)

過去記事はこちらです
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【2】入院から退院までの流れ
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-201.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【1】手術前日の検査薬
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html




ラパロ体験記【第3回】 手術前日(入院当日)


さて・・・
今回からしばらくはへたれちゃん爆発ですjumee☆sweat2Rb
続いていた「報告形式」じゃなくなるので本性があらわれます・・・・手書き風シリーズ汗1



入院1日目(手術前日)

ベッドは窓側゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
思っていたよりも広いスペースだったので、
coucouの城を作っていく(あらゆるものを手近にセッティング)
こっそり持ってきたわんわんのぬいぐるみもセットOK!
ミニーちゃんのバスタオルを敷いたり、
写真をおいたり、くつろげるようにしていきましたクラウン

緊張しつつも、
好きなもので周りを固めていくのは楽しい時間でした
少しだけ緊張がほぐれた気がします

パジャマは「術衣」
ママにもらったのを着たかったけど
術後に着ればいいよね、と我慢
ピンクの術衣を着ただけで、なんだか病人気分になってきます病院
具合悪くないのに変な感じ

しばらくしてナースコールで呼ばれました
「剃毛」です・・・!!
(*ノノ)キャーーーーー

まずはおへその掃除から
綿棒でちょちょいと拭いてくれます
中の方まできれいにしてくれました
そして剃毛
どのくらいするんだろう?まさか全部?って思っていたら
上のほうを少しと、下のほうをちょっと短くするくらいでした
上のほうは穴をあけるところ
下のほうは下から器具を入れるかもしれないからということでした
「こういうのって、ほんとは自分でやってきたほうがよかったですか?」
看護士さんに聞いてみると、
「皆さん術前には必ずやる処置なのでやってこなくていいんですよ」って^^
よかった・・・・jumee☆faceA52

剃毛後はシャワーに入りました
病院に行く直前に入ったばかりだったので
チクチク部分をメインにささっと流して終わりにしました

その後、こないだ書いたまずいスープ食を摂りぼーっとしていました
誰もおしゃべり付き合ってもらえないし、
つまらないなーと廊下に出て本を読んで過ごしました

ジジ(夫)到着
少ししゃべっただけで面会時間が終了
「帰ってください」とは言われませんが
他のベッドに誰もいなかったのでジジもそそくさと退散
「じゃあね、明日ね」の言葉に涙ぐす
出張や遊びで別々に夜を過ごすことは数回あったけど、
今日からしばらくここでひとりで寝るんだ・・・と思ったら
グズグズ泣けてしまいましたjumee☆Feel Depressed3

20時
下剤を飲みますカプセル

強いものではないので、
「うわっ!!漏れる!」というほどではなかったです
でもトイレだいぶ近い!!っていう感じです
何十分間隔で「うぉ!」っと行きたくなる感じjumee☆faceA211L

下剤を飲んだあとはたくさん水分を摂ってくださいねと言われたので
かなりの水分を摂りました
お茶飲んでトイレ、お茶飲んでトイレの繰り返し
腸の中をきれいにしておかないと、
術中にアレが出てきてしまうとどこかで読んだので必死でした
だって意識ないときに出ちゃってたら恥ずかしい・・・んだもん・・・手書き風シリーズ汗1

22時まで食べてもよかったのですが
食欲がほとんどなかったのと、
やっぱりアレが気になってしまいほとんど食べませんでした
検査食に入ってたグミを1コ食べただけです

眠剤を22時にもらうのですが、
トイレの回数が増えてちょっと心配に・・・jumee☆faceA195e
「睡眠薬のんだら、寝ている間にもらしたりしないですかね・・・」
おねしょならぬ「おねうん」したら最悪jumee☆shriekR1
看護士さんは
「この眠剤は強くないからそんな心配いらないけど、
どうしても気になるようだったら飲まなくてもいいよ」とのこと
念のためもらってベッドに戻りました

24時
飲むのも終了
23時59分・・・
わざとらしくギリギリに超たくさんの水分をノドに流し込みましたjumee☆CoffeeBreak3a

おなかの下り具合は絶好調・苦笑
寝るのが不安でしたが、看護士さんの言葉を信じ寝ることにしました
せっかくだからと眠剤もしっかり飲んで就寝・・・

起きていてもつまらないし、
明日には手術が待ち構えている!!!
そう思っていつもよりだいぶ早い就寝となりました




次は手術当日です


COMMENT : 0

ラパロ体験記【4】手術当日part.1

過去記事はこちらです
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【3】入院当日
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-202.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【2】入院から退院までの流れ
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-201.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【1】手術前日の検査薬
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html





ラパロ体験記【第4回】 手術当日part.1


6時 
 人生初の浣腸jumee☆UltraMan4
 ナースステーションにて浣腸を体験
 横になって看護士さんが何か液体を注入
 おなかがちょっと熱くなってきて・・・
 っと思った瞬間、もうムリ!!!!!!
 トイレにかけこむ、スリッパ脱ぐ余裕もないくらい波動拳・・?
 おなかが超痛い
 一気に目が覚めた

起きたばかりで寝ぼけてたはずなのに
ほんと一気に目が覚めました
あのおなかの痛さはつらい~うあーん

でも普段お寝坊のcoucou、
ベッドに戻るとまた寝てしまいました手書き風シリーズ汗1


8時 
 2度目の浣腸
 経験済みになってしまった今、足取りが重い落ち込み
 別の看護士さんが浣腸~
 6時のときよりももったけど、それでも10秒くらい
 「あ、さっきより平気かも」と言った瞬間トイレに駆け込んだ・笑
 過呼吸になりそうなくらいおなかが痛い
 痛い、痛い、痛い!!!あぶら汗が出てめちゃツライ´д`トホホ

2度目の浣腸のあと、驚くことに、そのモノを看護士さんに見せます
もうほとんど水分だけなんだけど、やっぱり恥ずかしいよ・・・
 
看護士さんのチェックで「OK」が出たので浣腸終了
もしダメならあと数回やったんだと思います
ヨカッタ・・・前日食べずにいて・・・


10時
 注射&点滴の開始
 ベッドに看護士さんが注射セット(点滴セット)を持って入ってくる点滴
 その姿を見ただけで目が涙でぼやけて・・・
 ブッスリと針を刺されました
 手術用の点滴ということで針も太いみたい
 もちろん刺さってるところは見れませんでした
 わんわんをぎゅっと抱きしめて我慢
 その後しばらく泣き続けてしまいましたぐす
 刺したところがずっと痛い気がしてたんだもん・・・
 このあと点滴はずっと続きました(3本)


 家族到着
 ジジは予定通り10時に来たけれど
 両親が少し遅れて到着
 新幹線ではるばるやってきてくれました
 全員そろったので、改めて先生に説明を受けます


11時すぎ?
 N先生からの手術説明
 外来に行って先生の説明をみんなで聞く
 coucouの大好きなN先生の顔を見て、
 もうそれだけで泣きたくなりました(なぜ?)
 両親は手術の内容を聞くのが初めてなので
 先生は詳しくこまかく話してくれました
 
 ・手術自体はもっとも簡単といっていいくらいのもの
 ・卵巣が硬いと思われるのでいくつも穴をあける
 ・その他なにか障害になるものがあれば取り除く
 ・緊急のときには開腹に切りかえる
 ・N先生のほかに、院長と副院長がついてくれる
 ・術後は多胎妊娠の確率が増えるのが一番の危険事項
 (双子大歓迎とママが言ったら、危険性を熱心に説明してくれた)


 「先生、よろしくおねがいしますっ」
 N先生の顔を見て、声を聞いて、
 改めてこの先生に担当してもらえてよかったなーと思いましたアップロードファイル
 ほんと変なくらい?先生が好きなんですよねハート
 もしN先生が担当じゃなかったら、
 きっと・・・間違いなく、この手術は受けてないです
 N先生だから手術を受ける決心もできたし、
 すべてを任せようと思えたんです
 こんな素敵な先生にめぐりあえてよかったすや


手術は午後からなのでしばらくフリー
フリーといっても点滴が刺さっているので
ほとんどベッドの上で寝ていました
パパママとジジのおかげでわりとリラックスして過ごせました
基本オモローな親なのでありがたかったです


13時ころ?
 手術室に移動
 ナースコールで呼ばれました
 家族みんなで手術室の階まで降りてくれました
 清潔室の前で家族としばしのお別れ
 うしろを何度も振り返りました
 「怖い」とか「生きて帰ってこれるだろうか」という不安より
 「さみしい」という気持ちでいっぱいでした
 

いよいよ手術室へ・・・


COMMENT : 0

ラパロ体験記【5】手術当日part.2

過去記事はこちらです
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【4】手術当日part.1
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-203.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【3】入院当日
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-202.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【2】入院から退院までの流れ
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-201.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【1】手術前日の検査薬
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html




ラパロ体験記【第5回】 手術当日part.2

いよいよ手術室へ・・・


たくさんの電球がくっついたライトが上にある手術室
真ん中の台に乗っかって横たわりました
いろんな人が寄ってきて、いろんな装置をつけ始めました
両腕をしばりつけられ・・・
冷たい器具がくっつけられ・・・
なんかズボンみたいなものを両足にはかされ・・・
恐怖心が最高潮になりました泣き顔

N先生の姿がどこにも見えない
怖くて不安で涙があふれてしまいましたうーん

その後、先生たちが手術室へ入ってくるのが横目に見えたのだけど
私は上のライトすら見るのが怖くてしっかり目を閉じてしまいましたjumee☆faceA174

するとN先生の声が聞こえてきました
「coucouさ~ん、目あけてごらん」
恐る恐る目をあけると目の前にN先生の姿がありました
目をひらいたときに、溜まっていた涙がぼろぼろと流れおちて
先生の声「もう泣いてるの~」
過呼吸にはなってなかったけれど、
だいぶ泣いてました・・・鼻がつまりかけです

うるんでいてぼやけていた、その目の前に見えていた先生の顔は
マスクで覆われていたけれど目がとっても優しかったです
先生の顔を見たらまたさらに涙がドーーバーーーーっと出てきましたぐす

「先生、もし手術中にもらしちゃったらすみません」
泣きじゃくりながら言うことなのかわからないけど、
なぜかこの言葉を最後に先生に伝えた気がします
漏らしてしまうことをどれだけ気にしてたんでしょうね・・・jumee☆sweat2Rb
「そーんなこと全然気にしなくっていいんだよー」
先生はそう言ってくれました

泣いていると鼻が詰まって鼻呼吸ができなくなり
麻酔をかけられなくなってしまうということで、
N先生がもうすぐに麻酔をかけようと言いました

麻酔の準備?のためにN先生が視界から消えてしまいました
また恐怖と不安で押しつぶされそうになります

すると院長先生が私の顔をのぞきこんできました
院長先生のことは外来のときに何度か見かけたことがあったけれど
こんなに近くで会うのは初めてです
「ほら~見てごらん、先生の顔」
院長先生がぐーっと顔を近づけてきました
「先生のかお、おもしろいでしょう」
「ほら、もっとよ~く見てごらん、おもしろいから」
院長先生がこんなおもしろい?優しいひとだと思っていませんでした
ちょっと怖い人だと思っていたので、
びっくりしつつも心がすこし安らぎました


・・・・と、もうここから記憶がありません
術前最後の記憶は、院長先生のドアップですjumee☆faceA109



術後
 誰かに何度も名前を呼ばれて一瞬目が覚めました
 でもほとんど何も覚えてません・・・
 場所は回復室でした

 ただとにかくノドが乾いてつらいビクッ
 あとはおしっこをしたいのに出ない感じでつらい
 背中が痛い(寝返りができなくてつらい)

 特にノドの乾きはMAXにつらかったです
 出ない声で「のどが渇いた」とずっと言っていたと
 ジジがあとから教えてくれました
 くちびるを濡らしてあげてと言われて脱脂綿をもらったそうなんだけど、
 ジジは唇を濡らすだけじゃなく
 こっそり口の中に水をしぼってくれたそうです
 それでも全然足りなくてめちゃくちゃつらかった・・・
 つらいっていうよりも、なんか頭にキテた気がします手書き風シリーズ汗1

 寝返りがうてないのはどうしてだったんだろう?
 痛くて体をかばっていたのか、
 麻酔かなにかの影響で体が動かなかったのか
 理由はわからないのだけれど体を動かせないんです
 だから背中がものすごく痛いというか違和感というか、
 とにかく苦痛でした

 おしっこは、尿管を通していたので勝手に出ていたはずなのだけど
 「おしっこが漏れそう」と何度も言っていた気がします
 あとで看護士さんに聞いたら、
 このときはほんとにおしっこがあんまり出てなかったみたいです
 なので、管をちょっと看護士さんがいじったっぽいです

 どれくらい時間が経っていたのかまったくわからないので、
 この術後の出来事が何時くらいのことだったのか
 さっぱり覚えていません
 あとでジジに聞いてみようっと・・・

 わたしが覚えているのは、
 この3つのつらさと
 「あとどのくらいで手術はじまるの?」と聞いて
 ジジが「もう終わったよ」と答えたこと
 そして「N先生ありがとうございました」と何度か連呼したこと
 このくらいしか記憶にありません




COMMENT : 6

ラパロ体験記【6】術後~退院までpart1

過去記事はこちらです

手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【5】手術当日part.2
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-204.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【4】手術当日part.1
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-203.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【3】入院当日
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-202.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【2】入院から退院までの流れ
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-201.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【1】手術前日の検査薬
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html





ラパロ体験記【第6回】 術後~退院までpart1


術後1日目(入院3日目)

前回の記事のとおり、目が覚めると回復室でした
寝返りのできないつらさに
何度か目を覚ましながらも朝を迎えるとまず検温

6時
 検温37.10℃
 熱が出ていてあせる
 看護士さんに聞いてみると、術後はたいてい熱があがるそう
 
 看護士さんが水分(ジュースとウーロン茶)を持ってきてくれる
 やっと飲める水分のはずなのに、
 なんだかおなかが痛くて飲める状態にない・・・うーん
 吐き気もするし、おしっこもしたい
 お腹が痛いので看護士さんに頼んで座薬をいれてもらいました
 優しい看護士さんでよかった・・・
 入れ替わり立ち代り様子を見にきてくれるのですごく嬉しかったです花

 おしっこがつらいことを伝えると、
 なにやら管をかえてくれたのか入れなおしてくれたのか
 具合をよくしてくれました
 そのおかげで、ここからずっとおしっこに関しては快適でした顔


10時
 病室にもどる
 つらかったら寝たままでもいいよと言ってくれたのだけど
 リハビリのためにも車椅子で移動してみる
 乗っている間にだんだんと肩が痛くなってきましたビクッ
 痛みは弱まることなく、どんどん痛くなっていきます
 
 ベッドにつくと採血注射
 貧血と炎症反応をみるためのものです
 朝から点滴をしっぱなし(全部で4本)で、泣いてばっかりうあーん
 看護士さんには超迷惑をかけまくりでした・・・
 そんなcoucouなのに、
 看護士さんは体を拭いてくれました
 術中も術後も汗いっぱいかいたと思うのでって言って
 動かない体をだいじそうに拭いてくれました顔
 すごく気持ちよかったし、嬉しかったです

 おなかがパンパンな感じで苦しい´д`トホホ
 手術のときにガスをおなかに入れるから、それが溜まっています
 肩の痛みはこのガスが抜けるためです
 おなかのガスなのに肩から抜けるって不思議・・・・
 おならで出てくれればいいのにね
 
 あまりの苦しさ、肩の痛みにテレビを見る気力もない
 テレビっ子のcoucouにとっては一大事です手書き風シリーズ38テレビ


水分を摂ることが許可されたので水分を摂りたいのだけど
起き上がるのが怖い
肩の痛みもあるし、傷口がひらきそうで怖い
まちゃりさんに聞いて買っておいた「ストロー」がものすごく役に立ちました
私が買ったストローはペットボトルにつけるタイプのもの
寝たままでも飲めるので最高でした
持っていったもののなかでこれが一番重宝しました

080424_220257.jpg

ベッドの枕元にずっと置いといて、飲みたいときにすぐ飲めます
とっても便利jumee☆SaturdayNightFeverL
まちゃりさん、どうもありがとう!!!!!

昼食はおかゆの上澄みみたいなもの・・・
肩の痛みに耐えてやっとのことで起き上がったのに
これは食べられませんでした・・・
薄くした糊みたいなんだもん・・・
作ってくれた方には申し訳ない気持ちでいっぱいなのに
どうしても喉をとおりませんでした

午後来てくれた親がヨーグルトを持ってきてくれたので
それを食べさせてもらったりしました
冷たくておいしかった~~~りんご2

肩はずっと激痛で
起き上がるたびに涙がぼろぼろこぼれますぐす
筋肉痛の強い版っていう記事をみかけたときに
それは我慢できるなって思っていたけれどとんでもなかった
こんなの我慢できないーーー!!!
横になっているとき以外はずっと泣いてました

でもリハビリのために歩く練習をしないといけません
トイレまで行く練習を2回くらいしたかな・・・
なんとかトイレに行き着いても、帰りが死ぬほどつらかった・・・

こんな様子だったので、
本当はこの日に尿管をはずす予定でしたが延期することにしました
尿管はだいぶ慣れてどうってことなかったので、
延期してもらえてほっとしました
尿管とったらトイレに自分で行かないといけないですよね?
それが絶対にムリっぽいんです

それからこの日は創部消毒がありました
N先生がきてくれると思っていたら違う先生でした
ガーン・・・
男の先生はほんとはイヤなのだけど、
もうなんかどうでもよくなっていて・苦笑
ちょちょっと消毒をしてもらいました
先生は
「肩、痛いと思うけどちょっとベッドを起こして頑張ってうえ」と言って帰っていきました

言われたとおりにしてみたものの、
もうずっと涙が止まらない状態に・・・
「肩が痛い、痛い、痛い・・・・大泣」えーん

見かねた看護士さんが
「痛いからベッドまっすぐにしていいですよ」
「痛いとこを下にすればラクになるから」
と言って助けてくれました

ムリは禁物!
coucouはcoucouのペースでいい!
看護士さんには感謝しまくりの1日でした

この日は夜にN先生もちょっと顔を出してくれましたアップロードファイル
それだけで嬉しくて泣けてくる~
「ビデオみんなで見たからね」
「coucouさんも見たいと思うようになったらいつでも言ってね」と
言ってきてくれました
見れないのをわかっているので先生も気長に待ってくれるようでした
手術の内容もわかりやすく教えてくれました
(術内容についてはあとで書きます)
そしてcoucouの抱いていたわんこを見て
「これが噂のわんこか~」だって手書き風シリーズ汗1
ナースステーションで噂になっているらしい??
ちょっと恥ずかしくなりました
でもわんこの話題を持ってきてくれたので、
その間は痛みを忘れて先生とおしゃべりができてよかったです
こうやってリラックスさせてくれるのが本当にうれしかったです
先生の年齢を聞いたりする余裕もありましたFC2プロフ

痛みから解放されていたのはN先生とおしゃべりしていたときと、
家族がきておしゃべりしているときと、
看護士さんが来てくれているとき・・・・
誰かがそばにいてくれるとほっとしました

看護士さん、先生にいっぱい感謝する1日でした
痛みをのぞけば居心地はとてもいいです!

夜ごはんは3分粥
ママが持って来てくれたふりかけをかけてみたけど
やっぱりあんまり食べられませんでした
昼間にアイスやヨーグルトを食べていてよかった・・・




長くなってしまったので
術後2日目~は次の記事にまわしたいとおもいます
読んでいただいてる方に申し訳ないくらい長くなってしまいました・・・
お付き合いのほど、よろしくおねがいします・・・


COMMENT : 3

ラパロ体験記【7】術後~退院part2

過去記事はこちらです
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【6】術後~退院part1(術後1日目)
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-205.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【5】手術当日part.2
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-204.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【4】手術当日part.1
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-203.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【3】入院当日
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-202.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【2】入院から退院までの流れ
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-201.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【1】手術前日の検査薬
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html





ラパロ体験記【第7回】 術後~退院までpart2


術後2日目(入院4日目)

もうだいぶ入院生活には慣れてきました
慣れないのは点滴・・・ですjumee☆ohwell3R

この日の点滴は全部で3本
これが終わったらいったん針を抜きます
やっと終わる~~と思ったけど、
また明日べつのを刺すんだ・・・と気づき、また半泣き手書き風シリーズ汗1

ごはんが通常の食事になりました
でもあのプラスチックの器がどうしてもダメで、
朝はパンといちごを食べるくらいで終わりました
両親が毎日お昼過ぎに来てくれるので
そこでいろいろ食べるものを持ってきてもらいました
ヨーグルト、おやつ、お茶、アイス
先生や看護士さんに見られてもお構いなしなくらい
山盛りに用意してくれました

この日は、少しずつ動けるようになってきたので
ちょっとずつ歩く練習をしました
そのためか、肩の激痛も増しています
しかも横隔膜(胸部)にも激痛が・・・!!!!

おしっこの管を今日は必ずはずすので、
トイレまでは絶対がんばっていけるようにしなくちゃと
一生懸命やってみるのだけど、
ものすっごくすっごくすっごく肩と胸が痛かったです

胸が痛いと息をするのもつらくて、
小さな呼吸をせわしなくする感じでした
おなかの痛みはたまにチクチクするくらいなので全然余裕です
あ、でもくしゃみと咳は超やばかったですびっくり
まずなによりも怖いし、痛みもぐぉっ!とします
なのに左を向いて寝るとかならず咳き込んでしまいつらかったです


午後になって尿管をはずしました
抜くとき痛いんだろうかと思って、半分泣いていたのだけれど
思っていたよりは痛くありませんでした
でも「ぬぉぉー」って声が出ました・笑
痛さと気持ち悪さって感じです

トイレに自分で行かなくちゃいけないので
たくさん動いた分、たくさん痛くて、
だからこの日がいちばん泣いたかもしれません・・・えーん
前日より肩も胸も痛みはひどかったです
上半身がぐしゃぐしゃにつぶれるような気がしました
骨がぜんぶ砕けるような、そんな痛みです

トイレの回数は10回くらい
まだトイレも近いし下痢気味です
抗生剤の点滴と、術日の浣腸の名残らしい・・・



この日も創部消毒がありました
でももう動けるということで自分で出かけていきます
N先生いるかなーっと思っていってみると
見たことのない女医先生でした
この先生はちょっと厳しそうな感じの先生で、
ほかの先生や看護士さんのように天使みたいではなく
もっと淡々とした先生でした
傷口を消毒でさわられるのがすごく怖かったけど、
息も止まるくらいドキドキしつつも泣けずに頑張りました・苦笑
先生なんて普通はこういう人がほとんどなんだろうな~と思いながら
ガスが抜けて痛い上半身を抱きしめながらすごすごと病室へ帰りました
傷口はしみたりすることもなく痛みはありませんでした



洗髪可になりました
でも当然のことながら上半身が割れそうに痛いので断念
からだは毎日ウエットティッシュやタオルで拭いていたけれど
髪はいいかげん洗いたかったです・・・
でもほんと、ムリでした


夜になってからだったかな、点滴をやっとはずしました
はずすのは嬉しいのに、やっぱり怖くて涙
泣きすぎるので看護士さんも私の涙にはとっくに慣れた様子
まわりのテープをはがすだけで号泣してましたから・・・手書き風シリーズ汗1


この日はN先生には会えませんでした
先生のおやすみの日です
なんだかすごく心細くてさみしかったです



COMMENT : 0

ラパロ体験記【8】術後~退院part3

過去記事はこちらです
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【7】術後~退院part2(術後2日目)
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-206.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【6】術後~退院part1(術後1日目)
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-205.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【5】手術当日part.2
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-204.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【4】手術当日part.1
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-203.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【3】入院当日
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-202.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【2】入院から退院までの流れ
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-201.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【1】手術前日の検査薬
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html





ラパロ体験記【第8回】 術後~退院までpart3


術後3日目(入院5日目)

点滴は朝と夕の2本です
この日の点滴は、今までよりも細い針でおとしていきます
(手術当日からずっと刺していた針は「手術用」の太い針でした)
でも細かろうと太かろうと針を刺すことに変わりはありません・・・
いつ看護士さんがベッドに来るかとドキドキしていました


そんなドキドキの中、ナースコールで呼ばれました
「coucouさん、先生からビデオ説明があるので降りてきてください」

えええええ????!!!!jumee☆faceA138
せ、せんせい・・・・
わたし、見れませんけど・・・っていうか、そのこと先生も知ってるじゃん・・・

ちょっとオロオロしながらも、
呼ばれたので仕方なくナースセンターへ降りていきました
先生に会えるのは嬉しいけど、ビデオは怖いよ~sn


ナースセンターにつき顔をのぞかせてみるとN先生のうしろ姿アップロードファイル
昨日会えなかったからうれしいよおおおおきらりん
「Nせんせっ!」
私の声に先生がふりかえり、近くの看護士さんが言いました
「coucouさん来たのでビデオ説明ですね」
「あっ、いいの、coucouさんはビデオ観ないから」
な~んだ~~~~
看護士さんの勘違いだったのか、とほっとしたのもつかの間

「じゃ、抜糸しよっか、抜糸」
N先生がそう言いながら立ち上がるではないですか!!!
聞いてないよおおおおおおおおおおお
ちょ、ちょっとなに、なになに????

一瞬で顔がかたまってしまいましたjumee☆faceA211L
だって抜糸なんて聞いてないよー
それどころか親に「抜糸しないんじゃなかったかな」と前日言われたばかり
それをすっかり信じこんでいたので、
まさか自分が「抜糸」なるものをやることになるなんて思ってもいませんでした

恐怖に顔も体もかたまったcoucouを見て先生が笑います
「ごめんね~騙して呼び出したみたいになっちゃって」
「でも、抜糸するって言ってもcoucouさん降りてこないでしょ・笑」だって
んもう~・・・
そのとおりだけどさ・・・・


看護士さんひとり、N先生、coucouの3人で処置室へ移動
わたし、ガクガクに震えています
診察台に寝たのはいいけど、呼吸がいっきに荒くなってきました
いきなり過呼吸になりそうな気配

怖くて怖くて怖くて・・・
涙はダーダー、息はハッハッ、手も顔もしびれてきました

でもN先生はこんな私をみても落ち着いています
卵管造影検査をやったときもまったく同じだったのでもう慣れた様子

「先にもうビニール用意しとこっか、口に当ててあげて」
看護士さんにちゃちゃっと指示して私の顔にビニールがかぶされました

意識のすべてはおなかに集中、
息するのは限界で苦しい、
でも怖さのあまり目をとじることができず目は見開いたまま
手は震えがとまらず顔のしびれも範囲が広がってくる

もうほんとに、もんのすっごく怖かったです

先生は
「大丈夫だよ~」
「ちょっとチクッとするだけだから」
「全然怖いことないんだよ~大丈夫だよ~」
ずっと声をかけ続けてくれました

「抜糸じゃなくて、切糸だけにしよう」
看護士さんに先生が言いました
私にはどっちがどうなのかさっぱりわからないけど、
とにかくチクッとするたびに涙がぼろぼろぼろぼろでしたぐす

「はい、もう終わりだよ」
そういって先生は手を握ってくれました
震えている手をにぎって、しばらくずっと横にいてくれました
「がんばったね、もう痛いことなんにもないからね」
「ゆっくり息してごらん、ゆっくりだよ~」
「手、まだ震えてるね、落ち着いてね、だいじょうぶだよ」
痛みへの恐怖から、ほっとした涙にかわった瞬間でした

本当はこの日、先生はおやすみの日でした
もしN先生以外の先生が抜糸してたらわたしどうなってただろう・・・
想像することもできません
N先生が来てくれていてよかったです
忙しくて出勤してきたのに
しばらく横についてくれていた先生の優しさがすごく嬉しかったです手書き風シリーズきらきら
もってきたわんこの名前を聞かれて答えたりできるくらいに復活
手術のときにアレが出なかったかどうかもやっと聞けました(大丈夫でした・・・(´▽`) ホッ)


恐怖の時間を終えて、
先生がしばらくここで休んでいっていいと言ってくれたので
動悸やら震えやら涙やらが落ち着くまで寝かせてもらいました
この間、看護士さんも何人か見にきてくれて気持ちが落ち着きましたはる色きらり


部屋にもどるときに先生が言いました
「もう、いつ退院してもいいよお~」
明日(土曜日)ならジジ(夫)もおやすみだしお迎えにきてもらえる
そう思って
「じゃあ、明日退院しますっ」と答えました
「シャワーに入ってもいいよ」ということだったのだけど
それは私にはとてもじゃないけど勇気がありません・・・
先生も「まあ、coucouさんは退院して旦那さんに入れてもらうようだね」って
「傷口みたら卒倒しちゃうもんね」だって
そのとおりだよ~先生jumee☆faceA109
そして先生は笑って言いました
「今日は抜糸いっぱいがんばったから、夜の点滴ナシでいいよ」って~

う、うれすぃぃぃぃーーーーーーjumee☆faceA151

本来なら朝夕2本のところを1本に減らしてくれました
夜は飲み薬でいいことになりました
先生だいすきーーーーー!



このあと部屋で最後の点滴がありました
針が細くなったのと、
先生が減らしてくれて嬉しかったのもあって
最後はギリギリ泣かずにできたかな???
採血してそのまま点滴です

看護士さんも
「これ最後に先生してくれたから、早めに落として終わらせちゃおうね」と
点滴をはやめてくれました
あまり早いとすぐに痛くなってしまうので、
痛くなるギリギリのところで落としてくれました

ササッと点滴も終了し、
抜糸も終わっているのでこの日はすること特にナシ!

胸の痛みはほとんどなく、
肩は少し痛むものの、痛くなるまでに時間がかかるのでだいぶラクでした
おなかの傷は抜糸をしただけあって、ちょっと痛い気がしました
先生いわく「切らないほうがつっぱった感じがする」そうですが・・・

抜糸のときに恐ろしく汗をかいたのもあって、
この日は髪を洗いました
洗いながら肩が痛かったけど、
それよりも点滴が終わったことと明日が退院だということで
痛みもがまんできて、鼻歌まじりでした

この日の夜にジジがお見舞いにきたとき、
わたしがとても元気そうで驚いていました
前日は上半身の痛みでそうとうキテタので、
まさか退院できると思ってなかったみたい
よかったねーーーとたくさん喜んでくれました





術後4日目(入院6日目)


ついに退院です!
何時でもいいと言われたので午前中に退院することにしました

でも片づけをしているうちになんだか寂しい気持ちになってきました
家に帰れるのはすごく嬉しいのだけど、
先生や看護士さんの優しさがすごくうれしかったから帰るのがなんだか寂しいんです
やっぱり私、変かな・・・?

今日は退院、N先生には会えないままなのかなー・・・と思っていたら
先生がベッドまで来てくれました
「おぉ!coucouさん元気そう~!笑顔がもどったよ~」
退院前に先生に会えてよかったです
嬉しくていろいろ質問もしました
ひとつずつ丁寧に答えてくれて、それもとても嬉しかったです

先生と話しているときにお迎えが到着
ジジを交えた3人で少しおはなしをしました

「coucouさん、がんばろうね!」
coucouの手術、入院生活が終わりました




COMMENT : 2

ラパロ体験記【9】術結果、経過と感想

過去記事はこちらです
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【8】術後~退院part3(術後3日目そして退院)
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-207.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【7】術後~退院part2(術後2日目)
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-206.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【6】術後~退院part1(術後1日目)
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-205.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【5】手術当日part.2
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-204.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【4】手術当日part.1
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-203.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【3】入院当日
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-202.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【2】入院から退院までの流れ
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-201.html
手書き風シリーズきらきらラパロ体験記【1】手術前日の検査薬
http://pourquoipascou2.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html





ラパロ体験記【第9回】 現在の様子、手術を受けての感想

ラパロの手術を受けてから10日が経ちました
今の状態は、だいぶいい感じですにこ

退院する日あたりから排尿痛みたいのがあって
先生に漢方を出してもらって飲んでいますが
それもだいぶ落ち着いてきました

昨日はそれよりもなにか左の卵巣近辺が痛かったです
傷口が痛いのではなくって、おなかの中がズキズキしました
なんだったのかなー???

傷口に関しては、
やっぱりまだちょっと痛いときがありますうーん

重いものを持ち上げたときに筋肉痛のような感じで痛むのと、
傷口自体にガーゼなどが触れた感じでツキンと痛むのとがあります
あとはたまにズキズキンとした痛みがあったりもします

けっこうかばっているので、
引きつりがあるとかないとかはわかりませんが
でも、退院した日から考えるとだいぶよくなってきていると感じますjumee☆peace1

くしゃみがあんまり痛くなくなりました
これは大きな進歩ですjumee☆UltraMan4
退院後まもないときは激痛だったので
くしゃみや咳が怖くてしょうがなかったけれど、
今はやや抑え気味にすれば問題ないですjumee☆faceA213R2

日常生活はほとんど大丈夫です
・洗濯をするときに洗濯物をパンパンと振ったり叩いたりできない
・フライパンを持ち上げて振れない
・掃除機を持ち上げると、筋肉痛のような痛みがある
・ドンっと思いきりソファに座れない
あとは、まだ外出をひとりではしていません
困るのはこれくらいのものです

4箇所もおなかを切ったというのに、
人間の回復力ってすごいな~と我ながら感心していますjumee☆think2

でも問題の傷あとは、ほとんど見れていません
まだまだへたれちゃんなので見るのがこわいんです
だからいまだにガーゼを貼っています手書き風シリーズ汗1

シャワーは普段どおりで問題ないので
出たときにジジに頼んでガーゼのはりかえをしてもらっています

ちょっとだけ見たのだけど、痛々しくてやっぱり見れません~jumee☆faceA52

完全に治る・・・というか、
術前とおなじようになるにはあと2ヶ月くらいはかかるそうです
抜糸はしたけれど、
筋肉や脂肪などを縫い合わせたところの糸が溶けるまでは
つっぱった感じが残るのと、触るとすこしコリコリするんだそうです
(私はこわくて触れないので確認できません・・・)

そうそう、
抜糸のときに先生が言っていたのだけど、
coucouの場合は痛がりなので
抜糸をしない方法(内側で縫う)にしたほうがよかったかな~と思ったけど
外側を縫って抜糸するほうがおなかのつっぱりがなく、早くラクになれるそうで
この方法のほうでよかったよとのことでした
抜糸つらかったけど、これでよかったんだ~^^



早く体調が戻って運動できるからだになりたいです
だってとってもいいお天気だもん、動きたいです




さて、問題の手術結果ですが・・・
麻酔などの時間をいれると1時間半、実際にかかった術時間は45分
思っていたよりもだいぶ早かったです
先生が「簡単な手術」っていうわけですね

卵巣が硬かったので穴を無数に開けた
子宮内膜症(チョコレート嚢腫)が5つあったのでそれを焼いた
卵管は元々通っているけれど、中をきれいに流して洗った


こういうことを先生がしてくれたそうです
そして

卵管の癒着はなし
子宮にも卵管にも問題はなし
出血もほとんどなかった


だそうです



何かおおきな不妊理由が隠されていて、
それがクリアにできた!というのがよかったな~と思いつつ、
でもやっぱり何事もなくてよかったですねjumee☆guidance1pR
ほっとしました

それにしても内膜症があったとは驚きです
エコーではまったくわからないところだそうで、
今回腹腔鏡をやってよかったとおもいました
だって5コもあったなんて・・・・
これが不妊の原因ではないかもしれないけれど、
原因に「なりうるもの」がなくなったのはやっぱり嬉しいです


coucouの場合、
これからも排卵誘発剤は使っていくことになるそうです
穴をあけたのでこれからは多胎妊娠の恐れを考えつつ、
慎重に誘発していくそうです注射





手術を今回うけてみて、
やってよかったとおもいましたアップロードファイル
大きな理由が見つからなかったのが幸か不幸かわかりませんが、
おなかの中をちゃんと調べることができたのは
とても大きな進歩だったとおもいますうえ

もし手術を受けていなければ、
きっと「手術すればよかった」と後悔する日が来ていたと思います

もしかして卵巣や子宮になにか問題があるんじゃ・・・
もしかしてどこかが癒着しているんじゃ・・・
もしかして卵巣や子宮がおばあちゃんになってるんじゃ・・・
そういう「不明」なところを
「不明」なまま悶々と過ごすことになっていたと思うからです

手術をしたことによって、
いくつかの「不明だったところ」は明らかになりました
キャッチするところが変な方向を向いているのかも・・・という不安から解放されたし
子宮や卵管に問題がないことがわかったこともとても安心できました

「原因不明」
ひとことで言ってしまえばそれで終わりだけれど、
その「原因不明」の中のいくつかをクリアにすることはとてもプラスなことです

だからわたしは、
今回N先生のもとラパロ手術を受けてほんとうによかったと思っていますにこ



さあて、
ゴールデン期間といわれる1年以内に妊娠できるといいな
そして妊娠期間がつづいてママになれるといいな
これからもがんばるぞーーーーー

ベビ待ちのみなさん、
またこれからも一緒にがんばらせてくださいね絵文字名を入力してください
どうぞよろしくおねがいしますっ手書き風シリーズおんぷ



ちょっと長すぎるほどの体験記を読んでいただき、
どうもありがとうございました



***追記・・・続いての記事もちょこちょこ更新しています
       それぞれクリックで記事を見られます
術後診察
ラパロ跡その後
ラパロのかさぶた
リセットはいつ?(乱れる基礎体温)
保険給付金のはなし
ラパロ手術のビデオ鑑賞会

COMMENT : 9

術後診察

土曜日に病院へ行ってきました
「術後診察」です羅琉 喜

なにをするのかな、注射はやだなーと思っていたら
久しぶりのN先生による内診でしたjumee☆ValentinesDay5a

先生に内診してもらうときは自分でも画像が見れるので
ほんとうならワクワク嬉しいはずでしたが
ひさしぶりの内診にドキドキ緊張してしまってそれどころじゃありませんでした

内診にドキドキするって、
手術のときにもっと緊張するようなことしてたのにね(*≧m≦*)



診察の結果です


・傷口の経過は良好
・卵巣の様子もよい


順調に回復しているようで、ほっと一安心です
肩の痛みももうないし、寝返りもだいぶうてるようになっていたので
傷やおなかの中も回復していて嬉しかったです
バッチリじゃんにこ

そして手術の内容については


・内膜症(チョコレート嚢腫)はどれも不妊につながるものではない
・不妊の大きな原因は硬すぎた卵巣


というお話でした
衝撃の「チョコレート嚢腫発見」でしたが
不妊原因につながるものではなかったということで安心しました


さて今周期はやっぱり見送ることになりました非常口
誘発剤をつかわないと排卵しないcoucouなので、
今から誘発していくよりは一度リセットさせたほうがいいものね
周期的にいっても、そろそろ高温期に移行していい時期だし
ルトラールを飲んでリセットさせることになりました

術後ずっと体温が高いんですよねー
術後すぐは37度を超えていて、それは手術の影響だからなのだけど
その後もずっと高めの体温なんです
周期でいうと低温期にいるはずなのに36.7度をずっと超えっぱなしです
その心配もあったので、
今回のリセットに関してはわたしも前向きです
リセットして、また新しい気持ちで進んでいくのがいいかなーってすや

N先生は、縫ったところのつっぱりを心配してくれていて
次周期もおやすみしていいよって言ってくれたのだけど
coucouとしてはなんとか頑張りたい!
どうにか痛くない方法をかんがえて、タイミングをとりたいんですよね
だって今回の手術もいずれは効果がなくなってしまうんだもの・・・

なので、次周期からまた治療復帰です
がんばるぞうjumee☆peace1



なんとなく傷口の痛みも減ってきた気がして
かなり復活したかなーと思っていたのですが実際はそうでもないみたい
GWに出かけたいことをN先生に聞いてみたら言われました
元気になった気がしてるかもしれないけど
入院中ってすごいストレスがかかっていて、
そのストレスによる疲れがどっと出てくるのがこの時期なんだそうです
交感神経がかなり働いていたので、
自分でおもっている以上にからだは疲れているんだって

たしかに、元気になってきたなーと思って散歩してもすぐ疲れるし
家事をやっていてもすぐ座って休みたくなるんですよね
単なる「だらだら病」だと思ってました

出かけるのはGW後半、
先生のいうとおり「のんびり」してきたいとおもいます
毎年GWは別荘で両親やわんこと過ごすのだけど、
今回のGWは伯母さんの別荘にあそびに行くんです
散策を楽しみにしていたのだけど、のんびりゆっくりすることにしました




ここ2,3日のおなかの痛み、つっぱり感について
外側(傷口)はもうほとんど痛みなし(油断するとちょっと痛むくらい)
くしゃみをしても全然いたくなーい
大丈夫だろうとおもって動きすぎると急におなかの内側の方が痛くなる
右側も左側もまんべんなく痛みが訪れます
でもずっと痛いわけではなくて、
「イタタタタタ」っていって休んでいるとわりとすぐラクになります
このつっぱってチクチク痛いのとは2,3ヶ月つきあっていかなくちゃいけないみたい
だいぶ先になるけど、じょうずにつきあっていきまーすアップロードファイル

COMMENT : 7

のんびりデート?

きょうは近くの川へ行ってきました
ぽかぽか陽気で気持ちがよかったです
家でちょっとだけお弁当をつくって、たまに行くんです
歩いて3分くらいで着くのでぜんぜん疲れませんjumee☆peace1

日焼け対策だけバッチリして、のーんびりしてきました
ジジがジョギングしに行ってるあいだに少しウトウトしたりして・・・寝る

こんなデートなら体も疲れないし、心は休まるし、
おだやかに時間をすごせていいですよねにこ

COMMENT : 5

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


プロフィール

coucou

Author:coucou
2007年6月 病院デビュー
PCOで排卵障害あり
その他原因不明

2008年4月 ラパロ(腹腔鏡手術)
体験記はコチラ

2009年3月 IVF(アンタゴニスト)
2009年4月 陽性反応♪

詳しい【治療履歴】はコチラ


ベビ待ち・プレママ日記を経て、
ただいま新米ママ日記更新


最近の記事+コメント


カテゴリー


mail to coucou

name:

mail:

title:

message:


gremz


リンク

このブログをリンクに追加する


月別アーカイブ


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Copyright © pourquoi pas!! All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  |